デミオディーゼルでドライブ!和倉幸寿司本店は美味かった!千里浜爆走?

実はデミオディーゼルブラックレザーリミテッドが納車になるので
温泉旅行を予定していました。

しかし、仕事が忙しくなったのと、妻の体調があまりよくないので、
延期していたんですが、やっと行けることになりました。

近場ですが、美味しい海の幸を食べて温泉に入れば妻の体調(気持ち)も
良くなることでしょう。

スポンサーリンク

和倉 幸寿司本店 これぞ本物の寿司でした!

和倉にある幸寿司本店は、食べログの点数が3.94ともの凄く高いんですね。
しかも、口コミ数も多いんです。
幸寿司本店の食べログです。

これは行かねばとなりますまいと予約の電話をしました。

予約の電話って何時ごろが都合がいいのか悩みませんか?
営業時間中は急がしそうなので、迷惑かなーと思ったり
かといって、時間外だと従業員少ないので出てくれないかなと
思ったりと困ってしまいます。

お客さんがいないほうが良いだろうと営業時間前の11時に電話してみました。

出てくれませんでした。
2回目は営業始まった直後の11時30分に電話をすると
『小上がりになりますけど宜しいですか?』と最後の席を確保できました。

 

というわけで、いよいよ出発です。
まずは、ガソリンスタンドに行き、燃料補給。
ガソリン用のスタンドに案内されるので『軽油!、軽油!』と
言いながら近づく必要があります。デミオの識別は難しいですからね。
補給を済まし、どんなに美味しいのだろうと期待を膨らませながらも
能越自動車道を走り和倉に向かいます。

前デミオに比べ、静かになったなと思っていたのですが、中高速でも
ロードノイズが減った気がします。

前デミオはヨコハマ、ブラックレザーはトーヨーなのでその違いですかね。
エンジンもナチュラルサウンドスムーサーのおかげか、ブラックレザーは
音楽が良く聞える気がします。

ヘッドアップディスプレイも、別にあったらあった、無かったら無かったと
思っていたんですが、高速やナビ誘導中は便利ですね。

ヘッドアップディスプレイ

特にナビ誘導は、センターのマツコネを見る回数を減らすことができ
安全運転に繋がると思います。

ヘッドアップディスプレイもXDには無いわけで、XDとXDツーリングは
値段以上に差があるというか、XDツーリングはお得になっていると思います。

ハンドリングは、相変わらず高速は安定しています。

あっという間に、幸寿司本店に到着です。
幸寿司本店

駐車場はお店の隣にあります。
幸寿司本店と書かれている場所に、4台ほど駐車していました。

中に入ると、私たちの席以外は埋まっていました。

お店オープンが11時30分で、私たちの到着は11時34分。
もう、食べ始めているお客さんもおり、いったい何時に到着
したんでしょう?

幸寿司本店には、メニューも無く、店内に寿司ネタが書かれて
並んでもいません。

書かれてあるのは、おまかせ10貫、12貫のみでもちろん
おまかせ12貫です。

しばし、待ち出てきたお寿司が↓

幸寿司本店

左かわはぎ、後忘れました。
もちろん、説明もそのままでと食べ方も説明してくれます。

で、食べると口の中でご飯がほぐれます。

将太の寿司の世代ですが、これが空気をご飯の中に入れて握るって
ことなのでしょう。

小上がりからは板さんの握り方は見えませんが、優しそうな板さんが
二人で握っています。

比べるのも失礼なんですが、コストコのご飯を握りに握ったお寿司を
食べた以来のお寿司だったんで、違いがあり過ぎました。

本物のお寿司はこうなんですね。
幸寿司本店

イカ↑
イカ甘ッ!無くなる!

幸寿司本店

カニ↑
カニ甘っ!カニってこんなに甘かったんだ!

幸寿司本店

白エビ↑
白エビは甘く最後に生姜がツンとくる!
幸寿司本店

アカニシ貝↑
コリコリと凄い歯ごたえ!

幸寿司本店もち

バイ貝↑
コリコリはアカニシ貝、旨みはバイ貝!
幸寿司本店

お味噌汁↑
ちょっと一息ですが、味噌汁も美味いのです!

幸寿司本店

鯵↑
鯵厚みがあり鮮度抜群!

幸寿司本店

中トロ↑
鮪の中トロ旨みが凄い!

幸寿司本店

甘エビ↑
でっかくてプリプリ

幸寿司本店

ウニ↑

ウニも甘いのです!
ウニの美味しさを知りました。

とにかく、美味しいし口の中でなるべく噛んでいたんですが
あっという間にお寿司が無くなってしまいます。

私『まだまだ食べたい!』
妻『美味しい物は少量で!』という戦いに、せっかく来たのだからと
追加注文です。

『今食べた以外にお勧めはありますか?』
と聞いたら、紙に書いて持ってきてくれました。

しめ鯖

しめ鯖
酢の加減が絶妙!

赤身

赤身↑
こんな美味い赤身は初です!

ヅケ

鮪のヅケの握りと手巻き↑
鮪のヅケのしょっぱ美味いのと香ばしい海苔が抜群です!

とまあ、いくらでも食べられそうな美味しいお寿司なんですが
ここで、終りにしました。

食べ終わるまで約1時間、いいタイミングでお寿司を出してくれます。
食べてる途中に、お客さんは何人か来ましたし、電話もじゃんじゃん
かかってきました。(お店の人は出ていなかったので、かける時間は重要です)

お会計は二人で9450円と美味しかったので大満足です♪

 

ルミュゼドゥアッシュ ケーキは別腹!

お寿司に大満足しましたが、和倉にきたからには
ルミュゼドゥアッシュに行かないわけにはいきません。

石川県出身の世界的に活躍するパティシエ辻口博啓さんのお店です。
一度食べたことがあり、その美味しさに感動しました。

朝ドラ『まれ』でもケーキ作りを指導したそうで、関連する
ケーキはあるのでしょうか?

ルミュゼドゥアッシュ

平日(金曜)ということもあるのでしょう。
ガラガラです。

ルミュゼドゥアッシュ

ルミュゼドゥアッシュ

カフェスペースから撮影↑能登島が見えます。

晴れるはずなのに、どんよりしています。
これも、雨女の妻の影響でしょうか?

ルミュゼドゥアッシュ

ルミュゼドゥアッシュ

セラヴィ567円と桜ロール335円↑妻はデリス オ カフェ459円
飲み物はブレンドコーヒー459円、のとミルク ヨーグルト378円

新人さんらしい店員さんが、スプーンを落とすハプニングがありましたが
気にせず頑張って欲しいです。

セラヴィより、辻口桜ロールが美味かったです。
スポンジがふんわりしているのに、最後のほうは噛み応えがあり
生クリームとカスタードのクリームが美味しいのです♪

杉森菓子舗ののと魂

さあ、ホテルのチェックイン時間を目指し、近づきながら
お土産を購入していきます。

まずは、るるぶ金沢に掲載されていた、杉森菓子舗です。

杉森菓子舗

のと魂という、小豆たっぷりの羊羹の中に、石川産のもち米で
作った求肥が入っている商品が名物です。(900円)

のと魂

美味しそうだったのでどら焼きも購入しました↓
1個194円とけっこう高いです。

のと魂

のと魂

どら焼きはあんこがずっしり♪

のと魂

のと魂

のと魂の求肥は、しっかりした求肥で、小豆の羊羹も美味いです。
もちろん、帰宅後、別々の日に食べています。

気多大社で気の流を良くする?

道中目にするのが、竹内のみそまんじゅうとひっぱり餅の
看板です。

電柱やら、斜面の看板やらやたら竹内のみそまんじゅうと
ひっぱり餅が出てくるのです。

みそまんじゅうは、お店も道路沿に出現し名物なんだなーと
思いましたが、ひっぱり餅は看板のみでずーと気になっていました。

後は、サークルKとサンクスの店舗が多いです。

気多大社

気多大社に到着で、妻の体調が良くなるように祈っておきました。

 

休暇村 能登千里浜 部屋も食事も温泉も良かった!

今回宿泊地に選んだのは↓のホテルです。

温泉が源泉かけ流しなのと、リニューアルされたこと。
食事も一部バイキングで魅力的なのが決めてです。

休暇村 能登千里浜

↑上の写真は早朝撮影です。

休暇村 能登千里浜に到着したのは、2時50分くらいです。
3時チェックインですが、すぐ手続きしてくれました。

鍵は昔からある普通の鍵です。

リニューアルされた室内。

休暇村 能登千里浜

休暇村 能登千里浜

部屋は広いし、きれいで良かったです。

温泉も早速入りに行きましたが、スベスベになりました。

この後、寝る前に1回、起きて1回、ご飯食べて1回と温泉に入りました。
宿泊したのが金曜日ということもあり、空いていましたが土日は混みそうな
気がします。

休暇村 能登千里浜

部屋からの景色です。
夕日がきれいに見え、明日はいい天気になりそうです。

休暇村 能登千里浜の食事

楽しみにしていた、休暇村 能登千里浜の食事です。

一番ベーシックなプランを選びましたが、どのプランでもライブキッチンといって
一部バイキング料理を楽しめます。

休暇村 能登千里浜

ベーシックプランなぎさのメニューです↑

休暇村 能登千里浜

ベーシックプランでもお造りがあり、甘くて美味しかったです。

休暇村 能登千里浜

ライブキッチンでは、白エビのかき揚げや煮物、漬物などなど、
ご飯、汁物、香物、デザート、アイスなど食べ放題です。

ドレッシングは3種類、アイスはバニラとイチゴでした。

なぎさの料理は、それほどでも無いですが、食べ放題でお腹いっぱいです。
特にオススメが、小さい牛乳瓶に入っているプリンです。
安そうな味に、はまって3個も食べてしまいました。

もっと食べたかったのですが、妻から制止されました。

金曜日なのですが、思っていたよりお客さんがいました。
バイキングに殺到して、食べるものが無いということも無かったので
セミバイキングって良いアイデアかもしれませんね。

この後、テレビや温泉やらまったりすごしました。
途中、でっかいアナウンスで天体観測のスライドショーの案内がありましたが
疲れていたので、参加せずまったりし就寝です。

千里浜 爆走?

さあ、早起きして、いい天気なので千里浜を爆走しようでは
ありませんか。

千里浜は日本で唯一砂浜を走れるそうで、沈まないのが不思議ですよね。

千里浜 爆走?

はい、自分自身で爆走しました。

厳密には、ここはホテルの前の海岸で、千里浜は地図でいうと
もうちょっと下になります。

砂の粒子は小さく、千里浜をデミオで走ったら洗車大変だなーと
思ってしまったんですね。(新車なので)

爆走しているデミオを期待していた方、裏切って申し訳ありません。

 

休暇村 能登千里浜の朝食

爆走して、お腹が減りました。
朝食はバイキングになります。

休暇村 能登千里浜の朝食は、ライブキッチンでおにぎりを作ってくれます。

休暇村 能登千里浜

具はブリ味噌と梅干でした。
ブリ味噌はブリの味がせず残念、おにぎりはフワッと優しく
握られており美味しいです♪

休暇村 能登千里浜

休暇村 能登千里浜

名物イカ団子↑

休暇村 能登千里浜

朝食で一番美味しかったのは、おでんです。

休暇村 能登千里浜

ホテルの売店で、気になっていたひっぱり餅を発見しました。
薄く伸ばした餅に甘納豆が入っている商品でしたが、購入にはいたらずです。

さあ、お風呂に入って、チェックアウトです。

御菓子司 八野田でお土産

御菓子司 八野田でお土産を購入。

御菓子司 八野田

ナンバーを見て『遠くからわざわざありがとうございます』と
サービスしていただきました。

御菓子司 八野田

サービス品の神子原米を使った、どら焼きとチョコ最中です。
神子原米どら焼きがしっとりしていて、美味しかったです。
御菓子司 八野田店さんありがとう♪

購入したお土産は

神子原米

神子原米だんご↑

神子原米

ずんだ餅↑

神子原米

よもぎ大福↑

神子原米

旨石↑

 

気になるデミオディーゼルの燃費です。
デミオディーゼル

まあ、こんなものでしょう。

まとめ

幸寿司本店は美味しい♪

休暇村 能登千里浜はコスパ良し♪

帰り道、窓を開けて走行しましたが、カラカラ音は本当に
減少した♪

アクセルに対して反応が良くなった♪

ヘッドアップディスプレイ効果大♪

エンブレが前より効く。

■↓オススメ記事↓■

DJデミオで白川郷観光!アクセス駐車場は?

デミオで旅行!東福寺!平等院鳳凰堂!紅葉の見ごろは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マロン より:

    ひょえ〜、リッチですね~。٩(♡ε♡ )۶
    最近、コストコのお寿司ぐらいしか食べてない。Σ(´∀`;)

    なぎさドライブウェイ、すごく行きたい場所です。

    • まこ福 より:

      マロンさん
      家族4人は無理ですが夫婦二人ならなんとかなります(笑)
      コストコのお寿司はお腹いっぱいになりました。

      なぎさドライブウェイとお寿司遠征して試してみて下さいね。

  2. ポン太 より:

    デミオで、遠出は楽しいですよね。

    我がデミオも、ヘッドアップディズプレイも視線移動の軽減に役立っていますね。安全向上になりました。

    みんから見ているとドアミラーウインカーをアクリルテープでやっている人もいますね。
    http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2533857/car/2080282/3654170/note.aspx

    あとは、サムライプロデュースのスカッフプレードもオススメですね。純正より安くリア用もありますからね。

    • まこ福 より:

      ポン太さん
      デミオを購入すると、長距離を走ってしまうので、保険の距離制限に注意が必要です。
      みんからのアクリルテープ拝見しました。
      みなさん、色々アイデア出てきて凄いですよね。
      サムライプロデュースのスカッフプレードも前デミオのときから気にはなっている
      パーツではあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>