保険屋の対応が最悪!どうなる過失割合?

評価損の書類を送って約1週間経ちます。
書類が届きましたと連絡はメールでありましたが、その後の連絡が
ありません。

加害者と被害者が別々の保険会社だったら分かるんですよ。
そりゃ、やり取りするのに時間がかかるでしょう。

しかし、今回は同じ保険会社で、私が電話したら加害者担当の
保険屋が電話に出るくらいの近場にいるんです。(同じフロア)

あっという間に話をつけて欲しいのですよね。

こちらとしては、年内に解決したい!と書類に書いたのに
保険屋は解決するつもりはあるのだろうか?と不信感がどんどん増していきます。

スポンサーリンク

保険屋の対応が最悪!

書類を出して約1週間、こちらから『途中経過を教えて下さい』と
メールを送信しました。(事故発生からは27日経過)

なお、書類には、言った言わないで誤解などが起こることがあるので
これからはメールか書面でお願いしますと書いておきました。

 

次の日返信があり、過失割合は
現段階ではこちら10%、相手方90%の見込みです。

ただし、相手方の損害については賠償の必要は無い。

評価損(格落ち損害)については全額認められないという
回答がありました。

私は、あまりにも過失割合の話が出てこないので、てっきり
0対10になったんだなと思っていました。(事故発生からは28日経過)

保険屋は、『5対95になるように交渉します』と言ってたのに
相手は、『精一杯やってくれるように保険屋に言っておきます』と
言っていたのに全く変化無し。

評価損については、請求した全額は認められないのか、
いったい何割なら認められるのか?と勘違いしてしまい
評価損も全額認められない(100%)という意味ですか?
きちんと資料も提出しているのに、その根拠を教えて下さい。
全く納得できないので、再度交渉して下さいとメールを返信。

 

同日にメールの返信があり評価損は全額認められない。
賠償金額は9割分、それにレンタカー費用も1割分必要と
前進するどころか、相手のいいなりなのです。

 

今は後から冷静に書いていますが、実際は怒りで爆発状態。

ここらで、もう裁判しかないかと思い始めました。
おそらく、保険屋は裁判なんか絶対やってこないだろうと
思っているからこそ、こんな対応なのです。
よい保険・悪い保険 2015年版 (別冊宝島 2278)
よい保険・悪い保険 2015年版 (別冊宝島 2278)

そんなわけで、まずは相手に電話し、怒り爆発状態ですが
穏やかに話をし

相手は過失割合は9対1ですと言ったら『え?』と驚いていました。
『精一杯やってくれるように言ってくれると言ってましたよね?』と
確認すると『言いました』と認めてくれ、そちらから保険屋に強く
言ってくださいと話をしました。

 

続いて、自分の保険の代理店です。
会社関係の代理店なので、そこそこ大口で力あるはず。
こんなときに頼りになるかと思って、代理店の保険に入っていたのですから
何とかして欲しいものですよね。

電話をすると代理店は話を聞いてくれ、担当者に伝えてくれると言ってましたが
問題解決の助けをしてくれそうな感じはありませんでした。
(代理店も色々でしょうが、微妙ですね)

最後は、保険屋のカスタマーセンターです。

これまでの時系列の出来事を話しました。
(きっちり何があったかメモっておきましょう)

評価損の話もしましたが、認めない根拠を示すことなく
一方的に認めないというのは駄目ですね、申し訳ありませんと
言ってくれました。

 

電話を切ると、代理店から電話がありました。
保険屋の担当者が謝りたいと言ってました、電話ありましたか?という
内容だったんですが、結局最後まで電話はありませんでした。
要約 交通事故判例140 (要約判例シリーズ)
この後、どれが幸いしたのか、保険屋の担当者が変わります。
代理店、カスタマーセンターと同じ日にやったので、どれが効果有ったかは
分かりませんが、担当者が変わった事で進展することになります。

 

新しい担当者は説明に伺いたいというので、会う日を設定。
それまでに、評価損について資料をさらに集めることと
図書館で、交通事故裁判判例の本を借りることにします。

並べておけば、勉強しているな!とプレッシャーかけられるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よしなり より:

    XD Touringを先日12ヶ月点検に出したよしなりと申します。
    心中お察しいたします。
    まこ福様の保険会社を是非教えてください。

    • まこ福 より:

      よしなりさん
      損保ジャパンです。
      実はもうすぐ更新時期で、変更するか悩んでいます。
      というのも、今のところ悪いところしか書いていない感じがしますが
      現在の保険屋にも良いところがあったからなんですね。

      後、保険屋というより、担当者のほうが重要だと感じました。

  2. じゃすみん より:

    はじめまして!12月にデミオ15MBを契約しました。納車は2月下旬;;いろいろネット調べて、こちらにも見にくるようになりました^^
    大変ですね!同じ保険屋ならお金は右から左なので、10:0でもいいと思うのです!
    以前、国道バイパス(60キロ制限2車線)の左から車線変更してきた車に左側つぶされました。お互い動いていたので相手のい担当者は、左をみていなかったでしょ?とか比率8:2・・・は?左から突っ込んできたなら10:0だと思うのですが・・左見て運転しないと事故るらしい!ちなみに右側は壁です・・・右によけたら最悪ですよねw保険屋は同じでした!しかも、同じディーラーで営業担当は同じ人(なんという偶然)その営業さんが、保険屋に働きかけて、こちらには過失なしということになりました。うちは初代ロードスター・相手はアテンザ!ロードスターを修理するほうが高い(修理パーツが少ない=高値)ので営業さんの心情的措置です。いろいろ大変でしょうが、お互いがんばりましょう!安全運転も!
    ドライブレコーダーをつけたほうが保険屋にいろいろ言えるので、余裕があればつけたほうがいいです

    • まこ福 より:

      じゃすみんさん
      過失割合の結果は出ているのですが、後から知って驚いたことがありました。
      動いていたら、こちらが悪くなくても絶対過失が付くということです。
      しかし、場合によっては動いても過失が付かないケースもあるそうで
      今回のケースは過失割合でもっと交渉すればよかったと反省しています。
      評価損をなんとかせねばという思いが強くなりすぎました。

      じゃすみんさんは、凄い偶然があるものですね。
      12月契約で2月下旬納車ですか、我が家は1月なので3月になってしまいますかね。

  3. 通りすがりの元保険屋 より:

     通りすがりの元保険屋の戯言です。ご参考までに。
     保険屋というのは保険料を頂いた代わりに民法に基づいて加害者の損害賠償義務を肩代わりすることが主な仕事です。
     車の損害に関して言えば民法で求められる損害賠償義務は”車を事故の前の状態に戻すこと(原状回復)”となります。今回の件で言えば修理代約120万円のうち過失割合分を支払うことが保険会社の義務となります。もちろん格落ち損害に関しても”裁判で認められれば”支払い義務が生じます。
     しかし、この”裁判で認められれば”という部分が曲者です。過去の判例などから格落ち損害を主張することは可能ですが、それはあくまで個人的な主張であり裁判所の判決ではないということです。格落ちを認めた判例もあれば認めなかった判例もあり、今回の件がどちらに当て嵌まるかを決めるのは、被害者でも加害者でも保険会社でもなく裁判所ということになります。お互いが法律に基づいて主張をしている以上、結論は裁判所にしか出せません。早期の解決を目指すなら弁護士に相談することを強くオススメします。

     それから蛇足になりますが、保険会社が間に入った以上、相手の方の損害賠償義務そのものが保険会社に移ったとお考えください。義務が移ったということは相手の主張を飲むかどうかの決定権も保険会社に移っており、相手の方は保険会社への依頼を取り下げない限り支払い金額に口を出す権利がありません。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1288082462

     保険会社の対応に関しては、末端の人間は単なる事務処理係でありマニュアル通りの対応をすることしかできません。格落ち損害は担当者の権限を超える問題ですので、交渉を続けるつもりならば”上司を出せ”と言うのが手っ取り早いと思われます。間に権限の無い伝言係を挟んでいても時間がかかるだけなので決裁権を持つ人間と直接交渉しましょう。

    • まこ福 より:

      通りすがりの元保険屋さん
      結果的には上司が登場しましたが、最初に請求すればよかったですね。
      格落ち請求は、裁判では約6割認められているようです。
      裁判官が車に詳しいかにも、だいぶ違ってくると思うんですが、裁判では認められることもあるが
      通常では認められませんという保険会社の対応は無いと思います。

      弁護士特約をつけていれば、裁判にも気軽に持ち込めるわけで、保険会社に強く交渉できるわけで
      弁護士特約を絶対つけようと思いました。

  4. きんぎょ より:

    はじめまして、新型デミオに惚れて検討しながらお金を貯めてやっと先週デミオを購入して喜んでいたのもつかの間、納車から5日目で後ろから追突されました。前方の車が峠の途中で完全に停止したのでこちらもおかしいなとは思いつつ充分な車間距離を取っていたので急ブレーキという程の事もなく完全に止まった所で後ろからガツンとやられました。相手は女性の方で呆然としていたのでこちらが警察を呼んだりしましたがこちらがサポートセンターで呼んだレッカーを相手が先に使われたりごめんなさいの一言もなかったり踏んだり蹴ったりでした。初めての車、初めての事故という事で精神的にもかなり落ち込んでます。ディーラーの方も止まった状態で一回ぶつかるとフレームが歪むと思うし気分的にも悪いので買い換えたら?とお勧めされましたがこういう事故の場合新車に換えてくれないとネットでもよく書かれていて本当に悔しくて仕方ありません。
    このブログを読んでこれから色々な所に行こうって楽しみだっただけに御飯も喉を通らない気分です。
    今後、多分相手の保険会社と交渉すると思いますが何か交渉する際にポイントなどがあればご教授いただけると幸いです。

    • まこ福 より:

      きんぎょさん
      本当ですか、納車5日で事故は辛いです、辛すぎます。
      我が家のデミオは納車1年でもあのショックですからね、きんぎょさんのお気持ちは
      私以上だと思います。

      まずは病院に行って精密検査してもらいましょう。
      今はなんともなくても、後から障害がでてくることもありますから。

      交渉のポイントですが、事故が起こってからのことを時系列でまとめておくと良いです。
      何月何日事故発生。
      相手の対応はどうだったか?などです。

      気持ちとしては、新車交換は当然だ!と思うのですが調べても新車交換は難しいようです。
      でも、言うだけ言ってみてはどうでしょう。
      相手も、相手側の保険屋も納車したばかりの車の事故ですから、きんぎょさんの気持ち分かるはずです。

      事故の状況だとおそらく100:0だと思いますんでデミオを完璧に直してもらいましょう。
      ただし100:0の場合、きんぎょさんの保険屋は何も交渉はできません。
      弁護士特約付けていますか?
      もちろん、評価損も交渉して下さい。

  5. きんぎょ より:

    どうも早速の暖かいお言葉ありがとうございます。
    結局10:0で向こうの保険だけでやりとりする事になりました。
    病院も翌日すぐに行きましたが幸い特に異常もなかったのでこのまま物損という事になりそうです。

    これから相手の車両保険の方の担当の方と交渉になるとは思いますが
    なるべくこちらの要求を言ってみようと思います。

    一応弁護士特約を付けているのでこじれた場合は使おうかと思っています。
    事故に遭ってから5日経っていますが、いまだ相手から一言の謝罪が無いのが
    引っかかりますがそういうものだと諦めています。
    一方的に被害者にやさしくない保険制度に今回は初めて痛感しました。

    ディーラーの方に用意してもらったレンタカーもデミオのガソリン車だったんですが
    こうやって日常で使っているとやはりディーゼルのようなトルクが無い事に
    実感しますね。
    もし新車を再び選ぶ事になってもまたディーゼルのデミオに乗ろうと思います。
    ありがとうございました。

    • bobprn より:

      きんきょさん,悔しいお気持ちよくわかります.
      私など横から口を出すほど知識はありませんし,これまで大きな事故の経験もありません.
      ただ,家内が車を運転しだしたころ,街中で(そんなに往来が激しくないところです),左折すべきところをそのまま行き過ぎようとしたので,助手席にいた私が「そこで曲がらなくっちゃ」と言ったら,急ブレーキをかけて止まりました.そしたら後ろから来た車が追突してしまいました.客観的に見て家内に結構責任があると思いましたが,向こうの人は良い人で,急ブレーキをかけたことに不満があったようでしたが,その後,私の自宅までケーキの手土産を持ってあいさつに来ました.病院に行く必要はないかといろいろ心配してくれました.そんなに強い衝突ではなかったので,体は何ともなく,修理代は向こう持ち.車の後ろは却ってきれいになったくらいで,得したような感じでしたが,事故を起こすと普通はそれくらいの対応があるものではないでしょうか.

      また私は目撃していませんが,家内がスーパーの駐車場から車を出し始めたところ,年寄りのお婆さんがよろよろと進路に入り込み,軽くぶつかって倒れたそうです.特にけがはしてなかったそうですが,ある程度の金額の手土産を持ってあいさつに出かけました.向こうはすっかり気をよくして,そのまま解決となりましたが(後で実は体が具合が悪くなったなどと言われ,トラブルにならないように,いろいろ気を使って対応した記憶があります),このときもこの程度の挨拶は当然と思いました.

      今回の相手の女性はちょっとという感じがして腹立たしいですね.
      かつてお盆シーズンだったか,特急車両で,指定席をとれず立っていた若い女性がふらふらして倒れそうになったので,座席に座っていた男性が席を譲ってくれたのですが,挨拶もなく当然のように座り,下車するときも挨拶もせずに降りていきました.座席を譲った男性はずっと立っていたのですよ.
      私も違った状況でやはり若い女性の図々しい態度に接したことがあり,若い女性には警戒の気持ちがあります.もちろん親切で感じの良い女性がたくさんいることは経験していますが.

      自動車を運転していると,いろいろ不愉快な経験をしますね.
      なるべく満足の行く保証があるよう願っています.

      • きんぎょ より:

        bobprnさんもわざわざコメントありがとうございます。
        かくいう私も数年前に自転車で通勤中に車に突っ込まれて交差点で事故に遭った事があります。向こうは赤信号でこちらが青で横断中に突っ込んできました。そしてそのまま何事も無く走り去ろうとしていてそれを見ていたおばちゃんが「あ!ひき逃げだ!!」って叫んだのが聞こえたのか分かりませんが数百メートルの所で止まって戻って来ました。その女性ドライバーはお水関係のお仕事の帰りだったようでボーッとしてましたと言ってました。
        こうも女性に当てられるとなるとちょっと女難の相があるのかもしれません(苦笑)
        なんにせよ、今回はじめて車の事故を経験して色々とあの時ああしておけば良かったと反面教師になりました。
        私自身もこれからも気をつけて安全運転を心がけたいと思います。
        コメントありがとうございました。

      • まこ福 より:

        bobprnさん
        bobprnさんの奥さんは相手に恵まれたといいますか、たいへん運がいいと思います。
        どっちも事故も揉めるケースだと思います。

        厳しいことを書くことになりますが、bobprnさんの奥様は危険予知が少し足らないと思います。
        そこを通り過ぎてから左折だと目的地に行けなかったんでしょうか?
        通り過ぎてからUターンすれば良かったのではないでしょうか?
        スーパーは人が多い場所ですから、子供やお年寄りがいるかも?と
        よく確認が必要ではないでしょうか?

        責める様なコメントになって申し訳ありません。

        • bobprn より:

          まこ福さん
          最初の追突は,本文に書いたように家内が運転し始めたころのことですので,相当前の話です.これに懲りて,急ブレーキをかける危険性は十分認識したと思います.2番目の件も本人は相当懲りていたようです.
          いずれにせよ,この程度のレベルであり,そのことは本人も十分承知しているので,普段は要領が悪いほどの安全運転です.そのため大きな事故にあっていないのかもしれませんが.
          こういう状況なので,うちはあまり凝った装備は必要ないということは,以前書いたことがあるような気がします.

          • まこ福 より:

            bobprnさん
            そうですか、じゃあ大丈夫ですね。
            ちょっと心配だったので、あのようなコメントになったのですが
            お気持ちを害してしまい申しわけありません。

            これからも、安全運転で楽しい思い出を作っていただけたらと思います。

    • まこ福 より:

      きんぎょさん
      相手がちゃんと停止していたことを認めてくれたので良かったです。
      前の車は停止してなかったと言い張る輩もいますからね。
      今回の事故は相手側が100%悪いので謝罪があっても良さそうなんですが
      物損の場合は、保険屋に任せるため謝罪が無い(接触しない)ケースが多いのでは?と思います。

      損害が分かりませんが、きんぎょさんが納得できる解決になると良いですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>