新型デミオとフィットハイブリッドで悩む!フィット商談開始!

あれは、お盆休み中のことでした。

我が家の車(シエンタ)も10月で車検、もう丸11年目に
なろうとしていました。

シエンタ

早めに車検を予約したら、割引されるので予約をしようと
思ってパソコンをやりながら、妻と車の話をしていました。

purinお父さん3車検予約するよ?

我が家の場合、車は10年は乗ると決めています。

去年の10年目も、車を買い替える話になったんですが、
去年は、自転車通学の子供達の自転車が壊れたときや、
送り迎えのとき、自転車を載せる必要があるので却下となりました。

 

ところが、今年は違いました。

母シエンタを買い替えよう!

という話になったんです。

どうやら、シエンタを修理に出した時、スマートキーの
快適さに気づいてしまい、新しい車が欲しくなったようなのです。

シエンタには、キャンプや旅行など、たくさん思い出がつまっています。

しかし、妻が買い替えに許可を出すチャンスは今後
いつ巡ってるか分かりません。

そんなわけで、お盆休み中やっていたホンダに
出発です。

 

候補は燃費の良い車で、マツダの新型デミオディーゼルと
ホンダのフィットハイブリッドです。

トヨタのアクアは、あまりにも街中に走っているので
却下しました。

 

スポンサーリンク

ホンダフィットハイブッド1回目の商談

我が家の近所には、ホンダのディーラーが3店舗あります。

まず、ホンダにA店に行きました。

 

フィットハイブリッドは、以前別のディーラーで
試乗したことがあります。

試乗した感想は、滑らかな加速と、アクセルを
踏んだらすぐ反応するモーターの力強さに、
これは素晴らしい♪と感じました。

このディーラーは、買うつもりは無いと断ったせいか
DMもこず、営業さんも尋ねてきたりせず、良い対応でした。

こちらのディーラーが本命です。
(以降ホンダB店)

 

正直、フィットハイブリッドは見た目がイマイチ
好きではありませんでした。

フィットハイブリッド
出典:ja.wikipedia.org

初代、二代目フィットは良かったのに、ガンダムぽく
なってしまった三代目フィットに、出た当時がっかりしたものです。

でも、だいぶデザインも見慣れてきて、フィットハイブリッドも
有りかなと思えてきました。

 

ホンダフィットハイブリッド試乗しました。値引きは?下取り価格は?

たくさん値引きを出してもらうために、参考にしたのは
月刊自家用車です。

まず、仲違い作戦です。

私はマツダ押し、奥さんはホンダ押しという作戦です。
(実際の我が家は、私がマツダ、ホンダ押し、妻トヨタ押しです。)

ホンダのディーラーに到着、営業さんが
出迎えてくれました。

店内は、お盆休み中で雨も降っているのに、お客さんが
たくさんいてびっくりしました。

父『フィットハイブリッドに、試乗したいんですが?』

たまたま、その販売店には無かったので、近くの
販売店に営業さんの運転するN-WGNで行きました。

 

さて、久しぶりのフィットハイブリッド試乗です。

今回購入する車は、妻用の車なので、運転は妻が行い、
私は後席で試乗です。

フィットハイブリッドは、相変わらず滑らかな走りで
スルスル加速していきます。

室内も広くて、178cmながら胴長の私でも、
頭上も大丈夫で、足元も広く快適でした。

『ビュリービュリ』
しかし、せっかくのハイブリッドの静寂を、ワイパーの
ビビリ音が邪魔をします。

セ『ちょっとワイパーから音が出ていますが・・・』
なんて、営業さんは言ってましたが、あの耳障りな音が、
試乗車からしたらいかんでしょう、ホンダさん。
整備が甘いと思われちゃいますよ。

ラゲッジルームは、後席を畳むと自転車も積めれそうで
自転車通学の、中高生がいる我が家にしてみれば、万が一の
時でも大丈夫そうです。

念のため、『27インチの自転車は積めますか?』と聞いてみたら
セ『あーどうでしょう、大丈夫だと思います』と、HPにある
自転車搭載のページをiPadで見せながら、説明してくれました。

でも、違うのよ、そのHPは見て知ってるのよ。
実際、自転車を積んで試した人の情報とか
じゃー試してみましょうとなって欲しいのよね。

 

それでは見積もりです。

今回、オプションはナビが簡単に取り付けられる
ナビSパッケージのみにしました。

値引きと下取り価格も、別々に出してくれるように
お願いしたんですが、どうやら警戒されたようです。

セ『フロアマットとかバイザーはいらないんですか?』
福『マットはネットで買います、バイザーはいりません
とにかく、なるべく安く購入したいんです』

と伝えたんですが、肝心の見積もりは、本体車両値引き3万円と
これは新型車かと、つっこみを入れたくなる見積もりです。

しかも、見積もりをよく見ると、いらないオプションが
たっぷり付いていました。

11年目のシエンタは、リサイクル費含み4万5千円。
たっぷり思い出はある車ですが、しょうがないかなの
下取り価格です。

ただし、8月中に買うことを、決めた場合の下取り価格だそうで
新型デミオの発売を待つ我が家にしてみれば、絶対8月中に
決めれないわけで、あまり良い印象はありませんでした。

 

フィットハイブリッドは、バッテリーが心配だったのですが、
車検のとき、何かメンテナンスをするわけでもないそうです。

オイルもガソリン車のオイルと同じらしく、それなら
トヨタのボトルキープも使えるし、格安車検も使えます。

維持費は今と同じくらいになるのは、いいですよね。

車はいいけど、営業さんはもう一歩、聞けば新人さん
らしいのですがこれで誰が買ってくれるの?と心配になりました。

 

この後、深夜自宅に来たみたいで、朝ポストをみたら
訪問のお礼の手紙と、チラシが入っていました。

チラシには、今なら試乗商談プレゼントと書かれていたのですが、
我が家はプレゼントを貰っておらず、なんだかなーの感想です。

こういう事をきっちりしてくれると、ちょっとは印象が変わって
くるんですけどね。

この後、営業さんは次の日も次の日も、そのチラシをポストに
入れているようで、だんだん怖くなってきました。

ホンダフィットハイブリッド商談1回目は以上です。

母まとめ
一生懸命とやり過ぎは紙一重、一生懸命さを
表現するなら金額です♪

■↓オススメ関連記事↓■
新型デミオディーゼルとフィットハイブリッドで悩む!マツダで商談です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Nojee より:

    さて、どうしましょうか♪?
    続きを楽しみにしてますよ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>