グラスパワーでコーティング!撥水が凄い!

毎回毎回マジックウォーターでコーティングしていても
見ているほうはつまらないですよね。

そんなわけで色々ガラスコーティング剤を
探していました。

スポンサーリンク

ガラスコーティング剤の選び方

私のガラスコーティング剤の選び方は
次の三つです。

1.窓もボディも全部使える。
2.価格が安め。
3.濡れたボディにコーティングできる。

まず、1番目の窓もボディも使えるです。
たくさんガラスコーティング剤が市販されていますが
ボディ専用が多くガラス面には使わないで下さいと
注意書きがあります。

あの有名なブリスもよくある質問に
ガラスに施工付着しても問題はありませんか?
ガラスには化学反応を起こさないため、問題はありませんが、
必ず綺麗に拭き取ることをお勧めします。

と書かれています。

なので、ブリスも却下なのです。

2.価格が安め。
これはみなさん当然ですよね。

3.濡れたボディにコーティングできる。
昔は乾いたボディにしか使えない乾式が多かったのですが
最近は濡れたまま施工できるコーティグ剤が多くなりました。

これはとってもあり難いです。

しかし濡れたまま施工するタイプでも洗車後コーティング剤を
拭きつけ、スポンジやクロスで拭き延ばして水をかけるタイプと
コーティング剤を吹き付けて、クロスで拭き上げて完成タイプとに
分かれます。

私は拭きつけ、クロスで拭き上げタイプを選んで
使っていました。

なぜならば水道代が高くなるからです。

グラスパワーを楽天で購入してみた。

というわけで、グラスパワーを楽天の販売店で
購入してみました。

アマゾンでは品切れ中。
原液タイプなら購入できます。
GlassPower 濃縮原液1000ml (5倍希釈用) : ガラス繊維系ケイ素コーティング剤

アマゾンのレビューがすこぶる高いのです。

グラスパワーを注文したのが3月29日です。
販売店のHPには即日~7営業日以内に発送予定と
書かれてありますが、到着したのは4月7日でした。

グラスパワー

ちゃんと注文受注と発送の連絡はあったものの
まさかこんなに日数がかかるとは思いませんでした。

グラスパワー

中身は無事でしたが紙袋もどうなのでしょう?
レビュー特典のクロスを含めはちゃんと2個ありました。

グラスパワーの使い方

グラスパワーの使い方は楽天のサイトには
洗車後の濡れたボディーにスプレーするだけと
書かれています。

しかしアマゾンでは
車後の濡れたボディーにスプレーし拭き上げるだけの
ガラス繊維系ケイ素コーティング剤!!と書かれてあります。

販売元のAUTO DETAILING SERVICEがyotubeに
Glass-Powerの施工方法をアップしています。

動画では吹き付けた後クロスで延ばしています。
クロスで延ばすと定着が良くなるそうです。

しかし購入時付いてきた施工方法のプリントには
全体にスプレーし水で広げる又はクロスで延ばせばOKと
書かれてあります。

どれか一つに記載を統一して欲しいのですが
施工の順番としては

1.車を洗車しキレイにする。(油分が無いのがベスト)
2.泡を流す。
3.グラスパワーを吹き付ける。(クロスで延ばすと尚良い)
4.水でよく流す。
5.クロスで拭き上げる。

あれ、水で流すタイプは選ばないんじゃないの?と
思った方はちゃんと読んで下さった方です。

水道代が高くなるからと書きましたよね。

グラスパワーを購入する前に考えていたら水を
かけていることに気がついたんですね。

洗車をする時屋根から洗っていくのですが、屋根、
側面、ボンネット、前後と洗っている間にボディが
乾いたら大変です。

なので、屋根洗車→屋根に水をかける。
側面洗車→屋根、側面、前後に水をかける。
前後洗車→屋根、側面、前後に水をかける。
と結局乾かないように水をかけていたんですね。

なので、水をかけるタイプでもまあいいかと
思って購入してみました。

グラスパワーでコーティング!

今回グラスパワーをこーティングするのはライフです。
新型デミオで試すのは心配なのです。

グラスパワー コーティング

グラスパワー コーティング

グラスパワー コーティング

洗車前↑ですが、マジックウォーター系を使って
たまに洗車していたのでコンディションは悪いのですが
光って見えます。

グラスパワー コーティング

 

グラスパワー コーティング

特にボンネットと屋根は直射日光の影響か洗車を
年1回くらいしかしなかったからか、人間の皮膚に
例えるとカサカサ状態の感じです。

水をかけ大きい汚れを流してから、マイクロファイバー
クロスで水洗いしました。
(購入で付いてきたクロスではありません)

水洗いにしたのはなるべく洗剤が無い方が良いだろうと
思ったからです。

マイクロファイバーで水洗いするとスポンジで洗うより
汚れがとれる感じがします。

屋根を洗ったら水をかけ、側面、水をかけボンネット
水をかけ、前後、水をかけと良い天気なので乾かないように
注意しました。

洗い終わったらいよいよグラスパワーの出番です。

グラスパワー コーティング

グラスパワーをボンネットなら6回プッシュくらい
吹き付けてやります。

吹き付けても色は分かりません。
臭いも無臭です。

全体に吹き付けた後水で洗い流します。

グラスパワー コーティング

コーティング前↑水は一切撥水していません。

グラスパワー コーティング

グラスパワーでコーティング後↑

グラスパワー コーティング

コーティング前↑水は一切撥水していません。

グラスパワー コーティング

グラスパワーでコーティング後↑

水をかけるともの凄い撥水です。
本当に動画のようになります。
撥水好きにはたまらないと思います。

窓もガラコを塗ったような撥水です。

そして、おまけのクロスが吸水抜群です。
撥水しているので、水も少ないからか
拭き取るのが簡単です。

ただし、拭き取り中ピカピカになってる感は
少ないです。

で完成です↓

グラスパワーでコーティング後

グラスパワーでコーティング後

グラスパワーでコーティング後

ボンネットはやはり駄目ですね。
これは根本的に何かする必要があります。

側面前後は元々光っていたので洗車して
ピカピカになった感は少なめです。

ただし施工後24時間でガラス繊維皮膜が硬化
するそうなので明日には変化があるかもしれません。

今回のグラスパワーは新車のようなキレイなボディ
状態の車ならまた違った印象になったと思います。

尚、グラスパワーには汚れを落とす効果は
ありません。

キレイな状態で施工しないと汚れが落ちにくくなる
場合があるので注意して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>